月次で配当のレポートをしています。

こんにちは。2021年2月よりマレーシア株の投資を始めたクアラルンプール在住のTOMOです。

長期保有で配当・インフレ対策を目的に個別株を購入し始め、現在は計43銘柄程保有し、総投資額は約2000万円です。


今回は月次配当レポートの第4回目になります。

8銘柄合計 2327.75RM(約61,000円)

2021年6月は8銘柄で2327.75RM(約61,000円)の配当を受け取ることができました。


配当の出た銘柄数・配当額ともに過去3ヶ月を超える1ヶ月でした。


現在の総投資額(796,745.88RM)で考えると0.29%、年換算3.5%なのでこの程度の配当が毎月続いてくれると非常に嬉しいです。

 

以下各配当の詳細です。

 

 

前回までは1銘柄ごとキャプチャ取って考察……としていましたが、今回からはエクセルでまとめる形に変えました。


まだ2月に投資を開始してから約4ヶ月ですが、POH HUAT RESOURCESとPETRONAS GASの2社が2回目の配当受け取りになります。


マレーシア株はとにかく配当の回数が謎に多いのが特徴ですが、POH HUAT RESOURCESに至っては先月配当があったので2ヶ月連続の配当となりもはや意味が分かりません。


こういった形でエクセルにまとめていけば、1年経った時に何かしら見えてくるものがあるのではないかと期待していますが、何も分からずに終わる気がしてならないです。

 

まとめ

ということで2021年6月は8銘柄で合計:2327.75RM(約61,000円)の配当を受け取ることができました。


今までの累計は
2021年3月:342RM(約9000円)
2021年4月:1444.8RM(約38,000円)
2021年5月:742.0RM(約19,000円)
2021年6月:2327.75RM(約61,000円)

合計:4856.55RM(約128,000円)
となります。

 

ちなみに手元資金に対する配当が272.47RMだったので合計すると2600.22RM(約69,000円)でした。


1ヶ月の生活費全部とは行きませんが、家賃・食費を賄う程度にはなります。


現在の投資総額80万RMで予算120万RMと考えているので、全部株に変えれば配当でマレーシア国内での生活費を賄うというも見えてきたように思います。


経済がきちんと回って企業が利益を出し続けられる世の中であれば、ですが。。


余談に続きます。

 

余談

さて、今はマレーシア全体が通称FMCOと呼ばれるかなり厳格なロックダウンをして多くの業種が制限・禁止されています。


この状態が6月1日から始まって既に1ヶ月が経過し、今なお終わりも見えない状況です。
(終わらせる条件が発表されましたが、現実的にはあと少なくとも3週間はかかりそうです)


一度はワクチン接種が始まってアフターコロナに向けて国民の期待と株価も上昇傾向になったものの、今はコロナ禍が始まって以来最大のドン底感があります。


僕の保有銘柄もつい最近までプラスを出していたのに今月配当総額の10倍程度含み損になっています。


電気ガス水道ネットのようなインフラはまだ影響が軽微とはいえ、経済活動どころかほとんどの活動が制限・禁止されているので何かを製造することも難しく、販売は更に難しいかできないといった状況が1ヶ月以上続いているわけです。


配当や株価上昇を期待して株が上がる方がおかしいですよね。



そのおかしいことが昨年3月以降からアメリカ株では起こっていたわけですが、その理由は経済対策(金融緩和でのお金のバラマキ)にありました。


ではマレーシアはどうかというと、今までも様々な支援金等を行っていましたが、今回は今までと規模が段違いの1500億リンギット(約4兆円)の経済対策を行うと発表されました。

Mtown 【速報】1500億リンギの緊急経済対策を発表 電気代割引やモラトリアムも-2021/06/28

 

EPFという年金もあるので株価の買い支えも十分ありえそうな上に人口約3,258万人の国で約4兆円(1人あたり12.2万円)の経済対策。


マレーシアの一人あたりGDPはコロナ前で11000ドル程度(約122万円)なので、その10分の1を一回の対策の中で行うと考えれば普通に目に見えるインフレが起こってもおかしくない額なんですよね。


なら金融相場になってマレーシア株も業績関係なく上昇に傾いて良いのではないでしょうか??


このあたりは日本の借金が1200兆円あっても全然大丈夫な理由が何度説明されても本当の意味ではよく分からないのと同様に、経済というのは素人には難しい……ということで置いておこうと思います。


現在投資総額約80万RMで残りマレーシア株投資用の予算があと40万RM程ある想定ですが、インフレを考慮して全部株にした方が良いのか、はたまた株暴落の可能性が高いと考えてこの程度はリンギットで持っていた方が良いのか。。


難しい状況過ぎて頭割れそうなので、株価注視して様子見していこうと思います。


デデンッ!

By TOMO@KL

2018年3月に働くことを辞め、MM2H(10年滞在可能なビザ)を取得して2018年12月からマレーシアのKLCCに在住。 "他人に迷惑をかけない範囲で自由きままに生きる"をモットーに、寝たい時に寝て起きたい時に起きて好きなことをする生活をしています。いつまで続けるかは未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です