購入した銘柄

こんにちは。2021年2月よりマレーシア株投資を始めたTOMOです。


日系の楽天トレードから銘柄を調べ購入しています。


29銘柄目となる今回僕が購入したのは、Eco World Development Groupです。


ちなみに今までに購入してきた28銘柄は以下にまとめています;
ALLIANZ MALAYSIA(保険会社)
MAYBANK BHD(銀行)
MBM RESOURCES(自動車関連会社)
TENAGA NASIONAL(電力会社)
BIMB HOLDINGS(イスラム系銀行)
GENTING MYS BHD(リゾート事業会社)
MMC CORPORATION(港湾運送業)
MAXIS BERHAD(無線通信サービス)
GAS MALAYSIA(ガス)
RANHILL UTILITI(水道)
FAVELLE FAVCO(建設機械メーカー)
Berjaya Sports Toto Berhad(スポーツTOTO)
ASTRO MALAYSIA(放送)
KUMPULAN FIMA(商業印刷)
PETRONAS GAS(ガス)
ELK-DESA RESOUR(消費者金融)
MMB HLDGS BHD(銀行)
AEON CREDIT(消費者金融)
FRASER & NEAVE(清涼飲料水)
HAP SENG CONS(複合)
SIME DARBY BHD(消費財コングロマリット)
Hengyuan Refining Company(石油精製)
LPI CAPITAL BHD(損害保険)
HARRISONS HOLDINGS(貿易・流通)
SOUTHERN ACIDS(化学製品)
TALIWORKS CORP(給水)
UOA Development(不動産)
SURIA CAPITAL(港湾管理)

 

Eco World Development Groupのデータ


概略

Eco World Development Groupの主要データは2021年4月6日現在でこんな感じです。  

・業種:不動産
・従業員数: 54人
・時価総額:2,090.50M RM(約550億円)
・売上:1,996.68 M RM(約520億円)
・純利益:135.17 M RM(約36億円)
・PER(株価収益率):15.46
・PBR(株価純資産倍率):0.44
・配当:2.81%
・公式サイト:https://ecoworld.my/?skip
※楽天トレードより引用


楽天トレードには「Business Summary 」という企業に対する概略があるのですが、そこの文章を日本語訳するとこうなります。


「Eco World Development Group Berhadは、マレーシアを拠点とする投資持株会社です。
 当社は約8,000エーカーの土地銀行を確保しています。 当社は3つの経済地域で事業を展開しており、新しいタウンシップ、統合された商業開発、高級高層マンション、グリーンビジネスパークを含む合計約20の開発プロジェクトがあります。
 同社のエコフォレストは約510エーカーの飛び地で、セントラルパークとなだめるような湖に囲まれた緑豊かな不思議の国です。 そのブキットビンタンシティセンター(BBCC)は、ゴールデントライアングル内の約20エーカーに位置しています。
 そのエコサンクチュアリは、約310エーカーのエコをテーマにしたタウンシップです。
 そのエコビジネスパーク1は、イスカンダルのEゾーンに建設された統合産業ハブです。
 約1,400エーカーの大規模な町であるクランバレーの北西回廊にあるそのエコ壮大さです。
 その他の施設には、エンバシーガーデン、ロンドンシティアイランド、ウォーディアンロンドン、ウェストビレッジがあります。 」
※Google翻訳利用

 

不動産に関して開発・運用・賃貸等幅広く行っている企業です。


後述しますが、先日UOA Developmentを購入したことがきっかけで調べて出会った企業です。

 

株主構成

引用:https://www.marketscreener.com/quote/stock/ECO-WORLD-DEVELOPMENT-GRO-18910860/company/


聞いたことがない会社と人名で溢れています。

そこでより調べたところ、Who really controls Eco World?という記事が出てきました。
2014年の記事なので変動はありそうですが、参考にはなりそうです。



株主一覧には名前が載っていないEddyさんがSyabas Tropikal Sdn. Bhd.という会社を通じて一番のオーナーであるということですね。

Tian Xiong Liewさんの保有率は2014年で35%→現在9.4%なのでこの7年で動いている部分も大きそうです。

 

グループ構成

出ました。マレーシア株あるあるの他人に読ませる気のない子会社羅列パターン。


せめて事業を幾つかに分けてグループ分けくらいしてほしいものです。

 

そんなEco World Development Groupの直近の株価と売上のチャートはこんな感じです。

株価チャート

引用:https://klse.i3investor.com/servlets/stk/chart/8206.jsp



売上・税引後利益チャート

引用:https://www.malaysiastock.biz/Corporate-Infomation.aspx?securityCode=8206

 

配当推移

引用:https://www.malaysiastock.biz/Corporate-Infomation.aspx?securityCode=8206

 

まとめ

上の方でも書きましたが、UOA Developmentを購入したことがきっかけで調べて出会った銘柄です。


UOAがThe Edge Malaysia Top Property Developers Awards (TPDA) in 2020というアワードで4位ということで、このアワードの上位10社について調べることにしました。

漫画で言うと(ワクワク)という擬音がつきそうなテンションで1位から順に調べていきました。


1位Setia

→コロナの影響もろに受けている&ここ数年配当配当減少中!

 

2位Sime Darby Property Bhd

→コロナの影響もろに受けている&配当状況も良くない


3位Sunway Bhd (Property Division)

→上2社に比べるとコロナの影響(2020年の業績下降)は軽微。
 一方で配当の減少と比較的高めのPER(24.15)・PBR(0.99)と割高感強め。

 

……等、調べていく中で欲しいと思える銘柄がなかなかありませんでした。


そんな中で8位に載っていたEco World Development Groupは業績が良く株価もそこそこ割安だったので、購入を決めました。


これらを調べきったのが先週末で、終値と同程度に指値を入れていたのですが、月曜日に跳ねました。


金曜終値の0.65で指値を入れていたところ、月曜日の始値が0.655、終値が0.71(+9.2%)。


完全に運の悪い人になってしまいました。。


ということで本日ほぼ成行で0.72で買うことになりました。
値段だけで買おうとしているわけではないので、高くなった価格が相場ということで、これ以上上がって買い場を逃す前に買うスタンスで行きました。


UOA以外の9社の中で一番割安と感じたのが正しかったのか、単純に何か材料がたまたま出ただけなのか分かりませんが、金曜日に買っていれば買ってそうそう1000RM近くプラスだったと思うと少し残念な気持ちになりますね。


それにしてもマレーシアの不動産は利回りが低いからコンドミニアム買うくらいなら開発を行っている不動産会社の株を買おうと思っていましたが、なかなか安定して利益上げて配当も出している会社に出会えず、そちらの方が残念です。

By TOMO@KL

2018年3月に働くことを辞め、MM2H(10年滞在可能なビザ)を取得して2018年12月からマレーシアのKLCCに在住。 "他人に迷惑をかけない範囲で自由きままに生きる"をモットーに、寝たい時に寝て起きたい時に起きて好きなことをする生活をしています。いつまで続けるかは未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です