購入した銘柄

こんにちは。2021年2月よりマレーシア株投資を始めたTOMOです。


日系の楽天トレードから銘柄を調べ購入しています。


42銘柄目となる今回僕が購入したのは、 Public Packages Holdings Berhadです。  

Public Packages Holdings Berhadのデータ

概略

Public Packages Holdings Berhadの主要データは2021年4月29日現在でこんな感じです。

・業種:梱包
・従業員数: 934人
・時価総額:176.36M RM(約45億円)
・売上:190.27M RM(約50億円)
・純利益:27.12 M RM(約7億円)
・PER(株価収益率): 6.50
・PBR(株価純資産倍率):0.64
・配当:0.26%
・公式サイト:http://www.pph.com.my

楽天トレードには「Business Summary 」という企業に対する概略があるのですが、そこの文章を日本語訳するとこうなります。


「Public Packaging Holdings Berhad(PPHB)は、投資の保有と、子会社への財務、管理、およびアドバイザリーサービスの提供に従事しています。
 当社の事業セグメントには、投資、製造、不動産および貿易が含まれます。
 投資セグメントには、投資の保有と、金融、管理、およびアドバイザリーサービスの提供が含まれます。
 製造部門には、段ボール箱、梱包材、ギフト、陳列ボックスの製造と小売が含まれます。
 不動産セグメントには、不動産投資と不動産開発業者が含まれます。
 貿易部門には、紙製品の貿易、紙の設計および販売が含まれます。
 当社は、子会社を通じて、オフセット印刷された陳列ボックスの製造、トータルパッケージソリューションの提供、ポスター印刷サービスの提供、管理サービスの提供などの活動を行っています。
 その子会社にはPublic Packages Sdn. Bhd.、 PPH Resources Sdn. Bhd、PPH Printing & Packaging (Kulim) Sdn. Bhd.
が含まれます。」
※Google翻訳利用  


ダンボールを始めとした包装材の設計・製造から在庫管理・生産・配送といった事業をメインに扱っている企業です。


サイト内にある写真を借りると、以下のようなイメージです。




そんなPPHBの直近の株価と売上のチャートはこんな感じです。

株価チャート

引用:https://klse.i3investor.com/servlets/stk/chart/8273.jsp



売上・税引後利益チャート

引用:https://www.malaysiastock.biz/Corporate-Infomation.aspx?securityCode=8273



配当推移

引用:https://www.investing.com/equities/public-packages-holdings-dividends

 

まとめ

低PERの会社をスクリーニングし、直近数年の業績を調べて購入に至った企業です。


包装という仕事は世の中が便利になればなるほど需要が高まる業界で、成長中のマレーシアではピッタリなように感じました。


昔テレビでダンボール職人の特集を見たことがあるのですが、例えば「32型のテレビに合う梱包」を目指すと、職人さんが自身の経験と勘で長方形のダンボールで型を取り、ものの数十分程度でピッタリハマって輸送中もぶれないダンボールを作り出していました。


ダンボール箱も作り、輸送中に傷がつかないような緩衝材もダンボール(と一部ポリエチレン等)で作り、そして梱包するという技術は安価で安心な輸送には無くてはならないものです。
(そこまで凄い職人さんがマレーシアにいるのか分かりませんが)


配送はB to BでもB to Cでも、コロナ禍だろうと平時だろうと絶対に必要なので、10年間売上が右肩上がりで利益率も向上しているPPHBは今後も少なくても5年10年は安泰なのではと考えています。

 

 

自信ランク

先日保有銘柄を自分なりにランク付けしたらまさかの結果だった件。という記事で、保有銘柄に「どの程度自信を持って購入したのか」を軸にランク付けしたことをまとめました。


今後は購入時のこの個別記事作成のタイミングでランクをつけていくこととします。 ランクの基準は以下の4つです。  
 S:自信あり。増配または株価上昇が現実的と思っている。
 A:積極的に購入決定。インフレ率を加味して配当・株価変動合わせて横ばいを期待。
 B:消極的に購入決定。悪くないし買っても良いかな程度。
 C:自信なしor分散枠。買わなくて良かったかも。何かしら理由つけて買ったけど後悔しそう。

今回のPublic Packaging Holdings Berhadは、Aランクです。


上記の通り、業種としては今後も問題ないように思います。


株価もPER(株価収益率) 6.50・PBR(株価純資産倍率)0.64とまだ割安で、利益(売上×利益率)の伸びを見ているとまだまだ上昇する未来が見えそうです。


配当については、ここ2年0.25%程度と非常に微妙な額出し始めたのでアニュアルレポートでの言及を読んでみましたが、この微妙な額は中間配当で、年度末の最終配当について役員は否定的のようです。


売上50億円規模の製造業なので、今は配当で還元するよりも利益剰余金から設備投資に回して将来の売上・利益率向上に繋ぐ戦略で通して貰いたいなと思います。


そうなれば株価も上がって長期的には株主にとっても配当よりも嬉しいことになるんじゃないかななんて考えています。

By TOMO@KL

2018年3月に働くことを辞め、MM2H(10年滞在可能なビザ)を取得して2018年12月からマレーシアのKLCCに在住。 "他人に迷惑をかけない範囲で自由きままに生きる"をモットーに、寝たい時に寝て起きたい時に起きて好きなことをする生活をしています。いつまで続けるかは未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です