はじめに

はじめまして。TOMOと申します。


僕は2018年末にマレーシアのクアラルンプールに移住し、現在在マレーシア3年目の今年30歳になる独身男性です。


MM2Hと呼ばれるリタイアメントVISAを取得して移住しているため就労はできず、個人での仕事もしていません。


見方によってはいわゆるFIRE組(Financial Independence Retire Early(経済的に自立した早期リタイア)と言っても間違いではありません。


ただ、一般的にイメージされるFIREされている方々とは毛色が全然違います。


FIREするための道筋は人それぞれですが、大きく
・事業で成功する→(投資する→)FIRE
・ハイスペック労働者で大金を稼ぐ→(投資する)→FIRE
・FXや株でトレードを始める→専業になる→そのまま大金を稼ぐ→FIRE
といった3つのパターンに分けられます。


僕はどれにも当てはまりません。

人生への考え方

昔から僕は
選択肢が多い人生が良いなー
と思っていました。


姉2人は中学時代に自分の夢を持ち、自分の夢を実現できる学部のある大学附属の高校に進学しました。


一方の僕はとくにその頃夢がなかったので、
大学生になった時になりたい職につけるように良い大学の付属校に入ろう
ということで有名私立大学の付属校に行きました。


それから結局大学3年の就活時までとくにこれと決めた職もなく、単純に興味があって自分に向いているIT系の会社へ就職。


それも
金融系システム開発会社であれば、金融もITも両方学べて転職も独立もしやすい
という理由で入社先を選びました。


また、社会人になる少し前に当たる大学4年時に、海外で活躍している若手社長やパソコン一つで月100万円以上稼ぐアフィリエイター・不動産と事業収入で半端なく稼いでいる実業家等に出会い、
時間と場所に縛られずに自由に生きるって良いなー
と10年以内にそうなることを目指すと決めました。


僕は「自由と自立」という言葉が中学時代から好きで、人間は思考も嗜好も変わるものだからその時その時に好きなことをやって行きたいと今も思っています。


大学時代までは親の加護の元ある程度自由に生きられていましたが、社会人になる以上仕事が足かせになるのは目に見えていたわけです。


仕事自体も好きな業界の好きな職種を選んだとはいえ、何年も何十年も好きでいられる自信はなく、そのためにはやっぱりお金が大事だなと考えて目標を決めました。

21歳、資産目標を立てる

そこから株や不動産を勉強し、
具体的に
7000万円貯めて7%で回せば490万円(税引前)!
を10年以内の目標にしました。


今考えると投資で7%はかなり難しいラインなのは当たり前なのですが、当時アベノミクスで株はイケイケであり、不動産も都内周辺の郊外や東南アジアの新築物件で手残り7%というのは非現実的とまでは言えなく、この利回りを前提に考えました。


7%で最低限の給与水準(都内勤務の大卒社会人10年目)と考えて500万円。


目標は高く。でも現実的であれ。
ということで計算すると7000万円が妥当と結論づけました。


で、重要な7000万円を目指す当時の僕が立てた戦略がこれです。

・家賃や生活費は極力安いところを選び、給与の大半は貯金に回す(月10万円以下なら額面年収400万円で年200万円の貯金も可能)
・10倍を狙える案件に100~400万円程度投資(投機)する
・一個当てるまでやり続ける


めっちゃ頭悪そうという意見が多そうですし、今の僕もそう思います。
ですが、意外と正しい戦略だと思う自分もいます。


毎年200万円を貯めて7000万円に辿り着くのは35年かかります。

であれば、1発で7000万円になりうる案件に都度数100万円使い、当たった瞬間に勝ちというゲームに参加するのは意外と悪くないんじゃないかという感覚です。


10%を10回引けば65%の確率で1回は当たる。
20回引けば88%で1回は当たる。
そんな考えです。

問題なのは7000万円になりうると思える案件が、本当になりうるのかもその確率も分からないということですね。

結果……

結局、投資した案件は、
1.事業失敗して責任者達が責任のなすりつけ合い中
2.社長が飛んで弁護士から債務整理の連絡が来る 
3.法的な邪魔が入ったのを理由に事業中断中
4.役員が捕まって投資家の一部が裁判中
5.案件は飛んだものの無事色をつけて返金される

という感じで尽く失敗してます。


勿論めちゃくちゃ調べて案件は選んでいるものの、それでも最初から上手くいかない可能性が高い&ポンジスキームの可能性があると思いつつ投資してるわけですが、世の中そう上手くいかないものです。


ただ予想外だったのは、失敗という結果が見えても実態があって失敗したのか元々の詐欺だったのか分からず、更に投資金額が一部でも返金されることはほとんどなく0になってしまうことでした。
(10個投資して全部失敗でも半分くらいは手元に戻っているものと思っていました)


ここまで書いてお気づきの方もいるかもしれませんが、最後に
6.明確にめっちゃ増える
という案件が出てきます。


この案件は当初から詐欺だ詐欺だと2年近く言われ続けていましたが、結局詐欺ではなくきちんと実態がありそして投資家に大きな恩恵をもたらしてくれました。

5年で6つ投機して1つ当てる。
十分過ぎる結果です。


この結果が豪運からなのか目利きが良かったからなのか本当のことは分からず、再現性があるかを判断するために同じことを繰り返すにはリスクが高すぎるから打ち止めになるのが残念ではありますが仕方ないことです。

この手法、どうなんだろう?

宝くじを買い続けていつか当たったら会社を辞められるな!
なんて夢を抱きながら毎年(毎期?)いくらか投資し続けている人は世の中に山程いると思います。


その中の何人かは実際に数千万円や数億円という大金を掴んでいることでしょう。


でも普通のサラリーマンになる予定の大学生が
「毎年のように100~400万円程度宝くじを買う」
と言っていたら絶対に周りのまともな大人は反対すると思います。


宝くじの還元率は約50%と周知の事実ですが、それでも還元率が分かっていなかった(全部詐欺で0の可能性もある)僕の投資戦略とどちらが良いのかと言われると難しいところですね。


一応僕のこの投資手法に関して補足すると、
・仕事は真面目に人並み以上にやる(ちゃんと評価されて速く昇給する。いつでも転職できる実力もつける)
・何かあったときに最低限食うに困らない資格を保有しておく
・平日深夜や土日と仕事/投資に関しては寝る間を惜しんで勉強する

という保険をかけた上で投資していました。


よく難しい道(芸術やスポーツ等)で成功した方のセリフで「夫(妻)が安定した職についているから私は挑戦できたんですよー」等と話す天才がいますが、独り身の凡人でその安定と挑戦を両方やっているような感じといえば伝わるでしょうか。


しかもこの投資、失敗して60歳になっても普通にサラリーマン人生を定年まで全うすることになるので、デメリットというデメリットは無いんですよね。


稼いだお金を使いたい人にとっては「我慢して貯めたお金が無駄になった」ことが最大のデメリットですが、物欲の少ない自分にとってはそこまでデメリットとは思えない(&年を取るにつれて上がる給与で毎年数100万円投資しても余るお金ができていくと思っていた)から5年続けられたとも言えます。


周りが飲み会で楽しそうにしているのも結婚式を上げているのも高そうな車を買っているのも気にならず、「一発当てたら自由になれるかも」という夢(希望?目標?)に給与の大半を使っていくのは文字にすると普通は難しいかもしれないですね。

このブログの目的

さて、僕は上で書いたように一般的なFIREの道を辿っていません。

事業で成功もしていないですし、めちゃ高給取りのサラリーマンでもなく、ありえない額を稼ぐトレーダーでもありません。


よく「FIREの定義は資産からの収入>生活費」等と言いますが、なんだかんだ注目されている方は何か秀でた才能がありそれ故資産も10億円を超えていたり年収が1億円を超えていたり、だから結局名誉的な立ち位置になる仕事を辞めていなかったりします。

僕は酒タバコ車バイク時計洋服等昔からお金のかかる嗜好品に興味がないので、今後もお金を使うイメージが全然湧いていません。
(強いて言えば美味しいチョコレートやアイス等に数100円かけられれば幸せです)

生活費が安いというだけで、この数式を実現させるにあたって必要な資産からの収入は普通よりも遥かに少なく実現できてしまいます。


ということで手元にある資産から生活費を超える収入を作るため、手始めにマレーシアでの生活費をマレーシア・リンギットで手に入れるために高額配当株への投資を始めてみました。

正直僕は日本にいてもマレーシアにいても月10万円程度あればある程度生活できてしまうので、まずは3000万円(≒約120万リンギット)を高配当株に投資することから始めていこうと思います。

3000万円を4%で回すだけで年間120万円と、この目標はかなり現実的(というか保守的過ぎるくらいの見込み)なラインです。


よくある投資ブログのように「この投資良いよ」とか言うつもりも一切ありませんし、まして僕が当てた上に書いた方法をオススメするつもりもありません。


この自己紹介ページはたんに資産運用に特化したブログを書くに当たって、お金に関わる部分の今までの流れを事実ベースに書いただけです。


投稿はただただ自分の備忘録も兼ねて文字にしていきます。

また、こういう「めっちゃ大金ってわけではないけど質素に生きる程度にお金持って、仕事やめて時間だけはある」みたいな稀有な方がいたら仲良くして欲しいです。

By TOMO@KL

2018年3月に働くことを辞め、MM2H(10年滞在可能なビザ)を取得して2018年12月からマレーシアのKLCCに在住。 "他人に迷惑をかけない範囲で自由きままに生きる"をモットーに、寝たい時に寝て起きたい時に起きて好きなことをする生活をしています。いつまで続けるかは未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です