購入した銘柄

こんにちは。2021年2月よりマレーシア株投資を始めたTOMOです。


日系の楽天トレードから銘柄を調べ購入しています。


12銘柄目となる今回僕が購入したのは、BERJ SPORTS TOTOです。


ちなみに今までに購入してきた11銘柄は以下にまとめています;
ALLIANZ MALAYSIA(保険会社)
MAYBANK BHD(銀行)
MBM RESOURCES(自動車関連会社)
TENAGA NASIONAL(電力会社)
BIMB HOLDINGS(イスラム系銀行)
GENTING MYS BHD(リゾート事業会社)
MMC CORPORATION(港湾運送業)
MAXIS BERHAD(無線通信サービス)
GAS MALAYSIA(ガス)
RANHILL UTILITI(水道)
FAVELLE FAVCO(建設機械メーカー)

 

BERJ SPORTS TOTOのデータ


概略

BERJ SPORTS TOTOの主要データは2021年3月7日現在でこんな感じです。  

・業種:スポーツTOTO
・従業員数: 1367人
・時価総額: 4,029.00M RM(約1000億円)
・PER(株価収益率):21.58
・PBR(株価純資産倍率):3.86
・配当:6.83% 
・公式サイト:http://www.berjaya.com/berjaya-sports-toto/
※楽天トレードより引用


楽天トレードには「Business Summary 」という企業に対する概略があるのですが、そこの文章を日本語訳するとこうなります。


「Berjaya Sports Toto Berhadは、子会社への投資の保有と管理サービスの提供に従事しています。
 当社は、子会社を通じて、トトベッティングの運営に従事しています。
 オンライン宝くじ機器のリースとソフトウェアサポートの提供、およびコンピューター化された宝くじと投票システムの製造と配布にも携わっています。
 当社のセグメントには、ホテルの運営、モーターの小売り、修理および保守、およびアフターサービスの提供。 トトの賭け業務および宝くじ機器のリース、自動車販売店、その他が含まれます。
 当社の地理的セグメントには、マレーシアおよびその他が含まれます。
 その子会社であるSportsToto Malaysia Sdn Bhdは、ゲーム事業に携わっています。
 当社の子会社であるBerjayaPhilippinesIncは、宝くじシステムのサプライヤーであるInternational Lottery&Totalizator Systems、Inc。と、多数の高級車販売店を運営するH.R. OwenPlcを通じて運営されています。」
※Google翻訳利用


スポーツTOTOの販売をメインに、関連するソフトからハードまで製造・リースをしているという感じですね。


グループ

株主構成を調べたところ、Berjaya Land Berhad・Berjaya Corporation Berhadの2社がそれぞれ40%・7%の大株主となっていました。


そこでベルジャヤグループを調べたところ、日本語のWikipediaにも載っていました;
ベルジャヤ・コーポレーション


「ベルジャヤ・コーポレーション(英: Berjaya Corporation)は1984年にマレーシアで創業されたコングロマリット(複合会社)の1つである。
 グループは主に不動産投資開発、宝くじ、金融(損害保険)、飲食業、旅行産業、ホテルやリゾートの開発運営を行っている。
 創業者はヴィンセント・タンで、従業員17,000人以上を擁している。
 マレーシアのセブンイレブン、ウェンディーズハンバーガー、スターバックスコーヒーなども、ベルジャヤグループがマレーシア国内でのフランチャイズ権利を持っている」

移住直後に一度マレーシアのセブンイレブンについてなんとなく検索した時に見たことのある会社です。


確かこの会社の構成図がかなりいい意味でやばかったので改めて調べてみましたが、ありました。

Berjaya Corporation Berhad CORPORATE STRUCTURE
ページに構成図が載っているのですが、こんな感じです。


ざっと数えて100以上ある化け物グループです。


ベルジャヤグループ自体も上場しているのでせっかくなので調べてみましたが、株価も業績もパッとしないのでグループの株を購入することは無さそうです。

凄い会社であることは間違いないんですけどね。


Berjaya Sports Toto Berhadに戻ります。

Berjaya Sports Toto Berhadの直近の株価と売上のチャートはこんな感じです。


株価チャート

引用:https://klse.i3investor.com/servlets/stk/chart/1562.jsp


売上・税引後利益チャート

引用:https://www.malaysiastock.biz/Corporate-Infomation.aspx?securityCode=1562

まとめ

コロナ禍で2020年は売上・利益ともに下がっていますが、それでも利益を出し続けています。

宝くじのような業界は胴元は必ず儲かるようになっているので、購入を前提に考えました。


株価が下落傾向にある今でもPBRが3を超えているのは心配ではありますが、マレーシア株あるあるの「高配当株価右肩下がり株」なのでいったんこの価格で購入しようかなと決めました。

配当推移

引用:https://www.investing.com/equities/berjaya-sports-toto-bhd-dividends

 

過去を示すデータを振り返っている身分なのでいまだにわけがわからないのですが、「株価20%下げても配当20%出すからええやろ」のような主張が聞こえてきそうです。


昔買われすぎて割高になった企業ということかと思いますが、こうなると「割高」と思われ続けているうちはひたすら株価は右肩下がりになるはずです。


一方でどこかで「割高ではない」と市場が考え始めた際は業績と配当の高さが維持されるとかなり優良企業で保有安定になります。


そのため、BJTOTOは数年後に値段がまた大きく下がっているようであれば(配当性向や業績に大きな問題がなければ)難平買いをするのもアリじゃないかと思っています。


購入して長期保有目的の少しつまらない投資手法の中で、株価や業績が楽しみな会社ができて楽しみです。

By TOMO@KL

2018年3月に働くことを辞め、MM2H(10年滞在可能なビザ)を取得して2018年12月からマレーシアのKLCCに在住。 "他人に迷惑をかけない範囲で自由きままに生きる"をモットーに、寝たい時に寝て起きたい時に起きて好きなことをする生活をしています。いつまで続けるかは未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です