購入した銘柄

こんにちは。2021年2月よりマレーシア株投資を始めたTOMOです。


日系の楽天トレードから銘柄を調べ購入しています。


13銘柄目となる今回僕が購入したのは、ASTRO MALAYSIAです。


ちなみに今までに購入してきた12銘柄は以下にまとめています;
ALLIANZ MALAYSIA(保険会社)
MAYBANK BHD(銀行)
MBM RESOURCES(自動車関連会社)
TENAGA NASIONAL(電力会社)
BIMB HOLDINGS(イスラム系銀行)
GENTING MYS BHD(リゾート事業会社)
MMC CORPORATION(港湾運送業)
MAXIS BERHAD(無線通信サービス)
GAS MALAYSIA(ガス)
RANHILL UTILITI(水道)
FAVELLE FAVCO(建設機械メーカー)
Berjaya Sports Toto Berhad(スポーツTOTO)

 

ASTRO MALAYSIAのデータ


概略

ASTRO MALAYSIAの主要データは2021年3月9日現在でこんな感じです。  

・業種:放送
・従業員数: 4758人
・時価総額: 4,029.00M RM(約1200億円)
・PER(株価収益率):7.32
・PBR(株価純資産倍率):5.60
・配当:5.97% 
・公式サイト:http://corporate.astro.com.my/
※楽天トレードより引用


楽天トレードには「Business Summary 」という企業に対する概略があるのですが、そこの文章を日本語訳するとこうなります。


「Astro Malaysia Holdings Berhadは、マレーシアを拠点とする投資持株会社です。
 当社は、テレビサービス、ラジオサービス、映画ライブラリライセンス、テレビコンテンツ、作成、集約および配信、雑誌の発行および配信、マルチメディアインタラクティブサービス、およびホームショッピングビジネスの提供に従事しています。
 当社のセグメントには、テレビ、ラジオなどが含まれます。 テレビセグメントは、テレビコンテンツ、作成、集約と配信、雑誌の発行と配信、マルチメディアインタラクティブサービスなどのテレビサービスの提供に従事しています。
 ラジオ部門は、ラジオ放送サービスの提供に従事しています。
 その他のセグメントには、ホームショッピング事業が含まれます。
 家庭向け衛星テレビ、インターネットプロトコルテレビ、オーバーザトップコンテンツプラットフォームを通じて180以上のテレビチャンネルを提供しており、そのうち約70はアストロブランドで、50以上は高解像度です。」
※Google翻訳利用


About Usページには
「Astro Malaysia Holdings Berhad(「アストロ」)は、マレーシアを代表するコンテンツおよび消費者企業であり、テレビ、ラジオ、デジタル、コマースの各プラットフォームで570万人、つまりマレーシアの世帯の75%にサービスを提供しています」
と記載があります。


テレビ・ラジオの制作と配信を行っている放送事業を手掛ける会社で、マレーシアでは有料衛星放送最大手のようです。


Berjaya Sports Toto Berhadの直近の株価と売上のチャートはこんな感じです。


株価チャート

引用:https://klse.i3investor.com/servlets/stk/chart/6399.jsp



売上・税引後利益チャート

引用:https://www.malaysiastock.biz/Corporate-Infomation.aspx?securityCode=6399

配当推移

引用:https://www.investing.com/equities/astro-malaysia-holdings-bhd-dividends

 

まとめ

低PER高PBR銘柄です。

利益率が毎年安定して10%を超え配当も高く魅力的な一方で、成長中ではない(増収増益ではない)中で純資産に対する株価が高めという難しい銘柄です。

5年前に比べて株価は1/3になっていてなおPBRが5.6と、当時からずっと割高感があったことが分かります。

業績自体は安定しているので、購入するかを決めるに当たっては
 ・どこまで株価が落ちそうか
という観点が一番のポイントになりそうです。

財務健全性がどこまで担保されそうかという話や、マイナスになっても配当での株主還元でどこまで元が取れそうかという話等が複雑に絡んでくるので答えは難しそうです。


BSを見る限り総資産が2017年1末→2020年1末で1%減少しているので、高収益企業としてはよろしくない匂いが素人目にもプンプンします。
※参考:https://www.investing.com/equities/astro-malaysia-holdings-bhd-balance-sheet


とはいえ上記記載の通り配当率が非常に高いので、総資産を横ばいで推移してくれている限りはこのあたりで株価の下げ止まりは非現実的ではないように思います。


と、かなり楽観視して購入を決めた銘柄です。


最初に銀行やインフラ銘柄を始めとした安定した企業の銘柄を多く買っているのでバランスとしては悪くないんじゃないかとも思っていますが、果たしてどうなるでしょうか。

By TOMO@KL

2018年3月に働くことを辞め、MM2H(10年滞在可能なビザ)を取得して2018年12月からマレーシアのKLCCに在住。 "他人に迷惑をかけない範囲で自由きままに生きる"をモットーに、寝たい時に寝て起きたい時に起きて好きなことをする生活をしています。いつまで続けるかは未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です