購入した銘柄

こんにちは。2021年2月よりマレーシア株投資を始めたTOMOです。


日系の楽天トレードから銘柄を調べ購入しています。


28銘柄目となる今回僕が購入したのは、SURIA CAPITALです。


ちなみに今までに購入してきた27銘柄は以下にまとめています;
ALLIANZ MALAYSIA(保険会社)
MAYBANK BHD(銀行)
MBM RESOURCES(自動車関連会社)
TENAGA NASIONAL(電力会社)
BIMB HOLDINGS(イスラム系銀行)
GENTING MYS BHD(リゾート事業会社)
MMC CORPORATION(港湾運送業)
MAXIS BERHAD(無線通信サービス)
GAS MALAYSIA(ガス)
RANHILL UTILITI(水道)
FAVELLE FAVCO(建設機械メーカー)
Berjaya Sports Toto Berhad(スポーツTOTO)
ASTRO MALAYSIA(放送)
KUMPULAN FIMA(商業印刷)
PETRONAS GAS(ガス)
ELK-DESA RESOUR(消費者金融)
MMB HLDGS BHD(銀行)
AEON CREDIT(消費者金融)
FRASER & NEAVE(清涼飲料水)
HAP SENG CONS(複合)
SIME DARBY BHD(消費財コングロマリット)
Hengyuan Refining Company(石油精製)
LPI CAPITAL BHD(損害保険)
HARRISONS HOLDINGS(貿易・流通)
SOUTHERN ACIDS(化学製品)
TALIWORKS CORP(給水)
UOA Development(不動産)

 

SURIA CAPITALのデータ


概略

SURIA CAPITALの主要データは2021年4月3日現在でこんな感じです。  

・業種:港湾管理
・従業員数: 890人
・時価総額:397.69M RM(約100億円)
・売上:225.43 M RM(約59億円)
・純利益:32.72 M RM(約8.6億円)
・PER(株価収益率):12.15
・PBR(株価純資産倍率):0.35
・配当:3.04%
・公式サイト:http://www.suriagroup.com.my
※楽天トレードより引用


楽天トレードには「Business Summary 」という企業に対する概略があるのですが、そこの文章を日本語訳するとこうなります。


「Suria Capital Holdings Berhadは、投資持株会社です。
 当社は不動産開発事業を行っております。 当社は5つのセグメントで事業を行っています。
 投資保有;利息、配当、投資収益のための預金および投資有価証券への投資
 不動産開発;住宅および商業用不動産の開発
 港湾運営;港湾サービスおよび施設の提供および保守、港湾管理の規制および管理、港湾荷役機器および関連するスペアパーツの配布、および機器保守サービスの提供
 物流および燃料補給;燃料補給および関連サービスの提供・契約およびエンジニアリング
 フェリーターミナルの運営;建設請負業者、プロジェクト管理の提供、技術サポートサービスおよびフェリーターミナルの運営
 サバ州の港湾サービスと施設を提供しています。」
※Google翻訳利用

 

サバ州の港湾運営を中心にしている企業です。

 

株主構成

慣れてきましたが、公共事業系は株主構成の確認が必須です。
スリアキャピタルはサバ州が47%の株式を保有しています。

引用:https://www.marketscreener.com/quote/stock/SURIA-CAPITAL-HOLDINGS-BE-6496996/company/


本当の意味でサバ州にとって無くてはならない会社ですね。


グループ構成

グループ構成はシンプルで、会社名からも港を中心にしていることが分かります。

 

そんなSuria Capital Holdingsの直近の株価と売上のチャートはこんな感じです。

株価チャート

引用:https://klse.i3investor.com/servlets/stk/chart/6521.jsp



売上・税引後利益チャート

引用:https://www.malaysiastock.biz/Corporate-Infomation.aspx?securityCode=6521

 

配当推移

引用:https://www.investing.com/equities/suria-capital-holdings-bhd-dividends


公式HPのInvestor Relationsページに、Dividend Policy(配当方針)が大々的に書かれていました。

>Dividend Policy: SuriaGroup’s dividend policy is up to 35% of the Group’s profit after tax.
ということで、税引き後利益の最大35%配当を方針にしているようです。


2019年度のデータによると1株あたり利益と配当がそれぞれ15.1銭・5銭、2018年度が同15.3銭・5銭なので、その通りに配当を出しているようです。

 

まとめ

サバ州はマレーシアで2番目に大きな州で東マレーシア最大の都市です。
日本に対して木材の輸出をしていたり、石油が生産されたりとマレーシアにとっても重要な州であり、その州の港を運営しているということでこれまた重要な企業と言えそうです。


そんな会社が毎年利益を出しつつPER(株価収益率)12.15・PBR(株価純資産倍率)0.35と割安な状態なのであれば、買うタイミングとしては悪くないように思います。

港湾というとMMC CORPORATIONに次いで2社目ですが、事業内容は結構違います。
一方で直近5年は右肩下がりの中直近急上昇している点で株価の動きは似た傾向があるようです。


港湾ビジネスは様々な外部要因でどちらにも転がりやすいと聞いたことがありますが、10年間黒字を出し続けていることを考えればそこまで悲観視する必要はないのではないかという判断し2つ目の港湾銘柄となりました。


現在28分の2と考えると割合として多そうですが、今後120分の2(増えても3~5?)になるはずと考えれば問題は無さそうでしょうか。

 

ちなみにマレーシアのクアラルンプールにはスリアKLCCというショッピングモールがあるのですが、このスリアKLCCはKLCCグループが開発・運営しているので、スリアキャピタルは関係ないようです。


じゃあスリアってどこから来たんだよ!という話ですが、マレー語で太陽という意味なので被っても不思議無いということですね。


凄く頑張ってサイトやファイナンシャルレポートの中でスリアKLCCの文字を探したのに見つからなくてなんて無駄な時間を過ごしたんだと後悔しました。。

By TOMO@KL

2018年3月に働くことを辞め、MM2H(10年滞在可能なビザ)を取得して2018年12月からマレーシアのKLCCに在住。 "他人に迷惑をかけない範囲で自由きままに生きる"をモットーに、寝たい時に寝て起きたい時に起きて好きなことをする生活をしています。いつまで続けるかは未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です